当ブログのタイトルのとおり、私は『副業で本業越えを目指す!』ことを目標に資産運用を行っています。

そこで目標を立てる前提として、以下のことを考えました。あなたも同じように考えることで、副業で本業越えを目指すことができる『かもしれません』(*´∀`)
一緒に考えてみましょう!(^▽^)o

初めに断っておきますが、この目標を達成するためにかなりリスクを取っています。資産運用の参考にするのは良いですが、損失を被っても責任は一切取れませんので、宜しくお願いしますm(_ _)m
それでも興味がある方や応援して頂ける方は、こかまつの奮闘を一緒に楽しみましょう٩(ˊᗜˋ*)و



1.本業収入を知る!

まずは何と言っても、目標のラインを知るために本業の収入額…つまり月々のお給料を知らないといけませんね。
私が勤めている会社は毎月の給与をメールで知らせてくれるので昔のメールを漁り、昨年度1年間の給与を調べました。その結果は以下のとおりです。
2018年度本業収入額

2018年度 本業収入額 ※()内は手取り額
 平均月給:約42万5,000円(約33万2,500円)
 平均賞与:約94万1,000円(約84万1,000円)
   年収:約698万円(約567万円)


簡単に調べてみると、30代男性の平均年収が「484万円」なので、結構もらっていますね(^-^; ただ残業時間が半端ないので絶対にオススメしません!優良ホワイト企業であれば、セミリタイアなんて考えもしませんからね(笑)

さて、この結果から目標額が副業で『42万5,000円』を超えなければならないことに決まりました!…ただ「働き方改革」の影響で残業時間を減らす動きがあり、明らかに月収が減っているので途中で目標を下げるかもしれません(∂ω∂)

ちなみに目標額にボーナスは含んでいません。個人的にボーナスは生活に必須ではなく、余剰金として考えています。最低限、毎月のお給料があれば生活には困らないですからね。逆にボーナスを当てに生活している人は特別な理由が無ければ、転職するか生活習慣を見直した方が良いかもしれません…


2.日々の生活費を知る!

次に、日々の生活費を知らなければ目標を達成することができません!
私の運用方法は複利運用の力を使って2次曲線的に収益アップを狙う方法を取っていますが、それでも2年間という短い期間では目標達成することが難しいです。そこで毎月、給与の余剰金を積み立てていくことで、さらに収益アップを狙っていこうと思います。

給与の余剰金は以下の式からざっくり算出することができます。

 余剰金 = 給与(手取り) - 生活費

はい。簡単ですね(^-^; これに賞与も加えて、毎月の運用元本に積み立てていきます。
さて、私のケースで毎月の余剰金を計算しようとしたのですが、怠惰な私は肝心の生活費について、ほとんど記録してなかったため、2ヶ月という少ないデータの平均値から生活費を計算しましたฅ(˘ω˘ )ฅクソネミニャ…すみません。2019年4月からしっかりデータを取っていますので、順次公開、反映していきます。計算結果は以下のとおり。

 余剰金 = 約33万2,500円 - 約21万2,500円 = 約12万円

ここまで来れば、本業越え目標を立てるまであと少しです!


3.運用可能な元手を知る!

目標を立てるために知らなくてはいけないことがあと1つあります。それが「運用可能な元手」を知ることです。
元手が無ければ人によっては「0円」でも良いですし、余裕がある方は「5,000万円」でも良いです。この元手が多ければ多いほど、目標達成までの期間が短くなりますヽ(。ゝω·。)ノ
どういう事かと言うのは次の章で説明しますが、例えば私の目標前提であれば、元手「0円」で始めた場合、目標達成までに「65ヶ月=5年半」かかります。元手「5,000万円」で始めた場合、なんと「1ヶ月」で達成できてしまいました(´ε`;)

私の場合、今まで働いて貯めた「1,000万円」を元手にします!…ホントはもっとあったんですけどね(´·ω·̥`)


4.利率との相談!

今まで読んで来た「1.本業収入を知る!」「2.日々の生活費を知る!」「3.運用可能な元手を知る!」をもとに、最後は「利率」を設定することで、いつまでに目標を達成することができるか分かるようになりますヽ(^0^)ノ
どういう事かと言いますと、例えば年利を「10%」を想定した運用を今まで算出してきた情報をもとに計算すると資産運用として得られる月々の不労所得は…

 不労所得 = 元手 × (年利 ÷ 12ヶ月)

となり、開始1ヶ月目の収入は、

 不労所得(1ヶ月目) = 元手(1,000万円) × (0.1 ÷ 12) = 約83,000円

となります。

毎月8万円ちょっとでは本業の月収には遠く及ばないですが、翌月の収入には元手に複利(さきほどの8万円)と積み立て(毎月の余剰金12万円)の力が加わることで以下のようになります。

 不労所得(2ヶ月目) = 元手(1,020万円) × (0.1 ÷ 12) = 約85,000円

となり、1ヶ月目よりも2,000円以上、収入が増えます。そして2年後には月に12万円を超える不労所得を得られる計算になります。

…それでは、こかまつが立てた目標を説明します。

私が立てた想定年利は「22.75%」です!…ハッキリ言ってかなり難しい値となっています。この年利を37年間続けると、投資の神様と呼ばれる『ウォーレン・バフェット』を超えることになってしまいますからね(笑)
しかし、恐らくこのバフェットの年利は最終的に手持ちの投資ポジションを決済した結果、手元に残った金額を言っていると思われます(ちゃんと調べてませんが)。つまり含み損益まで含めた金額。
私の運用方法は過去の最安値等を鑑みて、ロスカットされ難いポジションを持ち続け、スワップや配当金、自動売買による為替差益を得る「ほったらかし運用」であり、目標である2021年3月時点では多額の含み損が発生していると思われるため、含み損益まで考慮した年利は10%にも満たないと思います(._.)

長くなりましたが↓が私の想定推移を表したグラフになります。
本業越え計画_201904

はじめに注意点として、元本額は見やすく10分の1した値を表示しています。
今は薄い棒グラフや点線グラフで表されていますが、各月が終わり次第、濃く実績を残していこうかと思います。
副業収入がみるみる本業収入に近づくのが分かりますね。2012年3月時点の累計元本は「2,250万円」ぐらいになる予定です。

5.まとめ

副業で本業越えを目指す!』には、まず「1.本業収入を知る!」ことで目標達成値を知らなければなりません。そして、「2.日々の生活費を知る!」ことで月々の余剰金を把握することができ、いくら元本に当てられ、積み立てできるかを知る必要があります。「3.運用可能な元手を知る!」では今現在、運用に回せる元本がいくらなのか、多ければ多いほど目標達成が早くなります。最後に「4.利率との相談!」を行うことでいつまでに目標達成できるかが分かります。
目標達成までには色々な障害があるかと思いますが、初めの一歩を踏み出さなければ何も始まりません。また、失敗したとしてもそこで得た教訓はきっと次に活かせる糧となります。
是非、この機会にあなたも『副業で本業越えを目指す!』ことをしてみては?

ここまで拙い文章を読んで頂きありがとうございますm(_ _)m
書いてる私自身も「ホントに達成できるの?」とかなり不安です…この記事を4月下旬に書いていますが、4月見込みも全く達成できていません(꒪ω꒪υ) まず1,000万円の元本を投資に割り振れていませんからね…
そんなこんなですが、目標達成の暁にはセミリタイアしようと思っていますので、応援よろしくお願いします✧٩(ˊωˋ*)و✧